ここから本文です

コンプライアンス体制

コンプライアンス体制について

1.基本的な考え方

 当社グループは、「すかいらーくグループ企業行動憲章」を制定して全役職員で共有し、法律、国際ルールおよびその精神を遵守するともに、社会的良識をもった行動に努めております。
 特に食の安全・安心については、最重要課題と位置付けて、各種マニュアル等を通じて全役職員への教育、徹底を図っております。
 また、「内部統制基本方針」において、コンプライアンスの取り組みに関する基本事項を定め、これを適切に運用することによりコンプライアンスの徹底と社会的信用の向上を図っております。

2.コンプライアンス推進体制

 お客様をお迎えする店舗では、マネジャー(店長)がコンプライアンスの中核的役割を担っています。マネジャーは、マニュアル、チェックリスト等に基づいてサービスのご提供をおこない、店舗での遵守状況を、業務から独立した監査グループがチェックしています。また、お客様からの声、ご要望を店舗サービス向上に結び付けるためのアンケート調査システムであるCVP(カスタマー・ボイス・プログラム)を導入しているほか、お客様相談室を設置し、お客様からの声に対して迅速に対応できる体制を整えております。
 店舗を支える本部においては、代表取締役社長およびすべてのマネージングディレクターで構成される、リスク・コンプライアンス委員会が、当社グループのコンプライアンスに係る重要事項の審議および基本方針の決定をおこなっております。そして、リスク・コンプライアンス委員会による決定を受け、各グループ会社が選出したコンプライアンス推進責任者により構成される、グループコンプライアンス会議にて、グループ方針の確認・情報共有、グループ会社のコンプライアンス推進状況、違反行為の防止対策、違反行為が発生した場合はその調査・改善措置等について確認・報告をしております。この推進体制が適切に機能し、運営されているかについては、監査グループがチェック、指摘をする役割を担っています。
 また、当社グループは、社内の法令および社内規程等に対する違反行為の早期発見と是正、再発防止等を目的として「すかいらーくグループヘルプライン(内部通報窓口)」を設置し、当社グループ全役職員からの通報を受け付け、社内規程にしたがって運用しております。

コンプライアンス体制