コンプライアンス体制

コンプライアンス体制について

1.基本的な考え方

当社グループは、「すかいらーくグループ企業行動憲章」を制定して全役職員で共有し、法律、国際ルールおよびその精神を遵守するともに、社会的良識をもった行動に努めています。
特に食の安全・安心については最重要課題と位置付け、各種マニュアルなどを通じて全役職員を教育し、徹底を図っています。
また、「内部統制基本方針」において、コンプライアンスに関する基本事項を定め、これを適切に運用することにより、コンプライアンスの徹底と社会的信用の向上を図っています。

2.コンプライアンス推進体制

お客様をお迎えする店舗では、マネジャー(店長)がコンプライアンスの中核的役割を担っています。マネジャーがマニュアル、チェックリストなどに基づいてサービスの提供をおこない、店舗でのマニュアルなどの遵守状況については、業務から独立した監査グループがチェックしています。また、お客様からの声やご要望を商品やサービスの品質向上に活かすため、お客様相談室を設置し、お客様からの声に対して迅速に対応できる体制を整えています。
お客様相談室に寄せられたお客様からのご指摘、ご意見、ご要望などは、「お客様の声」として経営層に報告しているほか、関連する部門と共有し、業務運営の見直しや商品・サービスの改善を行っています。店舗を支える本部においては、代表取締役会長兼社長および全執行役員で構成される、グループリスク・コンプライアンス委員会が、当社グループのコンプライアンスに係る重要事項の審議および基本方針の決定をおこなっています。そして、同委員会による決定を受け、各関係会社が選出したコンプライアンス推進責任者により構成される、グループコンプライアンス会議にて、グループ方針の確認・情報共有、関係会社のコンプライアンス推進状況、違反行為の防止対策、違反行為が発生した場合のその調査・改善措置等について確認・報告をしています。この推進体制が適切に機能し、運営されているかについては、監査グループがチェック、指摘をする役割を担っています。
また、当社グループは、お客様、投資家、社会等のステークホルダーに対して不利益をもたらす法令違反行為や不正行為の早期発見と是正、再発防止等を目的として、社外専門会社を窓口とする「すかいらーくグループ内部通報窓口」を設置し、国内の当社グループ全役職員および取引先からの内部通報を受け付けています。受け付けた内部通報は、直接、弁護士資格を持つ独立社外取締役や常勤監査役に共有されるほか、定期的に取締役、監査役に運用状況の報告をする等社内規程に従った運用を行っています。